能勢ネイチャーランド

【天体関連ニュース】

2024年1月の星空トピックス

明るい星の多い冬の星座が宵の空で存在感を放ち、夜空をきらびやかに彩る季節。
4日(木)には、三大流星群のひとつ、しぶんぎ座流星群が極大を迎え、年始の空を飾ります。
また、日の入り後の空には土星と木星が輝き、夜明け前の空では、金星と水星が楽しませてくれます。

年始の空を飾る天体ショー・しぶんぎ座流星群

8月のペルセウス座流星群、12月のふたご座流星群とともに三大流星群と呼ばれるしぶんぎ座流星群は、活動が活発な期間が短いことや、年によって出現数が変化しやすいことから、流星が多く見える年が限られています。今年のしぶんぎ座流星群の極大は、4日(木)18時頃と予想されています。ただし、この時間帯は、放射点が昇っていないか低い位置にあるため、観察に向いておらず、放射点が高くなる4日(木)、5日(金)の未明が見頃となります。
4日(木)は放射点が高くなるにつれて流星が増え、5時頃に最も多くなります。実際に見える流星の数は、空の暗い場所で1時間あたり約10個です。また5日の2時から5時にもほぼ同じくらいと予想されていますが、両日とも月明かりの影響を受けるため、月のない方向など広い範囲の空を見渡してみましょう。
屋外の暗さに目が慣れるまで15分ほどは観察を続けることをお勧めしますが、寒さ対策をしっかり行ってください。

水星探しにチャレンジ!


太陽に最も近い惑星である水星が、12日(金)に太陽からの見かけの角度が最も離れる西方最大離角(※)となるため、この日の前後は明け方に南東の低空で見つけやすくなります。
水星よりも少し高い位置には明るく輝く金星が見えているので、金星を目印に、南東の方角のよく開けている場所で観察をしてみてください。また、9日(火)、10日(水)には金星と水星の近くに細い月が見え、美しい光景となります。
※西方最大離角とは、地球から見て、内惑星が太陽から最も西側に離れる位置のこと

土星に細い月が近づく美しい夜空


今月は宵の頃、南西の低空に美しい環を持つ惑星・土星が輝いています。14日(日)には土星に細い月が寄り添う光景を観察することができます。
土星の見かけの位置は、どんどん太陽に近づき、2月末には太陽と同じ方向に位置する「合」となります。その後は夜明け前の東の空に位置するため、宵の空で土星を見ることができるのもあとわずかです。

土星は公転軌道の面に対して約27度傾いたまま太陽の周りを公転しているため、約15年の周期で地球から見た環の傾きが変化します。今年9月には衝を迎え、秋から冬にかけて見頃となります。

明るく輝く木星と月が並ぶ宵の空


1月中旬、日が暮れて間もない南の空には、明るく輝く木星が見えています。秋の星座の領域にある木星は、周囲に明るい星が少ないため、よく目立って見えます。
14日(日)土星の近くに見えていた月は、18日(木)には、木星の西側に見えていて、19日(金)の夜には木星の東側に移動します。明るい木星が半月前後の月に寄り添い輝く、美しい光景が楽しめます。
木星を追いかけるかのように冬の星座が東の空から昇ってきて夜空を美しく飾ります。月は木星を通り過ぎた後、冬の星座の中を移動し、26日(金)に満月となります。冬の星座の中には、明るく輝く1等星が多く、 月明かりに負けずに輝く様子をお楽しみください。

◆1月の新月は
1月11日(木)
◆1月の満月は
1月26日(金)


上へ

ネイチャーランド能勢-自然体験&天体観測

〒563-0131
大阪府豊能郡能勢町野間大原325
協栄産業株式会社
TEL:072-737-1704
FAX:072-737-1706