能勢ネイチャーランド

【野鳥関連ニュース】

野鳥図鑑〜冬にやってくる愛らしい鳥「シロハラ」


「シロハラ」はスズメ目ヒタキ科に分類される鳥類で、春や夏の温かい時期には、中国の東北地域やロシアで繁殖し、10月頃になると越冬のめ日本へ渡来してきます。積雪の無い低地に生息するため、市街地や公園など、人の生活圏内で見かけることが多く、日本でも冬鳥として、雪が少ない西日本で多く見かけられます。
渡来直後は群れで行動しますが、徐々に単独で行動するようになる「シロハラ」。4月中旬になると繁殖地へと帰って行きます。

その名の通りふっくら丸くて白いお腹

「シロハラ」の大きさは、全長約24cmで、ムクドリとほぼ同じ大きさをしています。体色は全体的に灰褐色で、腹部は白色をしていて、丸みを帯びて膨らんでいるような体型をしています。「シロハラ」の名前の由来は、この腹部が白いことからつけられました。ちなみに、シロハラに良く似ていて腹部が橙色の「アカハラ」という鳥がいます。「シロハラ」はオスもメスもほぼ同じ体色で、メスは顔や腹部が白っぽく目の上に薄い眉斑があり、オスは頭部が灰黒褐色で目の上の眉斑はありません。しっかり観察しないと区別が難しそうですが、ぜひオスとメスの違いにも注目して観察してみてくださいね。

↑オス

↑メス

「シロハラ」のちょっと不思議な鳴き声


「シロハラ」は「キョッキョッ」や「プクプクプクー」と鳴きます。「キョッキョッ」は、さえずりの時の鳴き方で縄張りや自己アピールの時に鳴くことが多く、「プクプクプクー」は、怒っていたり、警戒しているときに大きな声で鳴くことが多いようで、聞く人によっては、泡が割れるような不思議な鳴き声に聞こえるようです。ちなみに、「シロハラ」にそっくりな「アカハラ」も同じような鳴き方をするそうです。

木の葉返しの名人


「シロハラ」は雑食性で、木の実から昆虫や幼虫、ミミズなどあらゆるものを食べます。越冬のために日本にやって来るので、もちろんその時期は、「シロハラ」の餌になる虫やカエルなども枯れ葉の下などに隠れて、冬を越しています。そんな獲物を見つけるべく「シロハラ」には木の葉返しといわれる面白い習性があります。その名のごとく、落ち葉などを一枚一枚ひっくり返して、枯葉の下に潜んでいる獲物を見つけ捕食します。地道な作業で、想像するだけでも微笑ましく感じますが、「シロハラ」が生きるために身につけた大切な技、なんですね。

「シロハラ」の観察は真冬がおすすめ


「シロハラ」は警戒心が強く、樹上や茂みで生活しています。渡来したての秋頃はまだ樹木の葉が残っており、果実も樹上についているため、視界が悪い暗い林内では、なかなかその姿を見ることができません。
しかし冬になり、樹木の葉や果実が地面に落ちはじめると、「シロハラ」は地面に下りてきて獲物を探すようになるので、じっくりと観察するには、真冬になってからがオススメです。
冬の静かな公園や森の中からガサッ、ガサッ、と聞こえてきたら、そーっと音の行方を探してみてください。「シロハラ」が一生懸命、枯れ葉をひっくり返す可愛い姿が見れるかもしれませんよ。
そんな「シロハラ」に出会えたよ!という方は、是非ネイチャーランドのギャラリーページにお写真をご投稿ください。お待ちしています!

◆ギャラリーページはコチラ
http://natureland-nose.com/photo/


上へ

ネイチャーランド能勢-自然体験&天体観測

〒563-0131
大阪府豊能郡能勢町野間大原325
協栄産業株式会社
TEL:072-737-1704
FAX:072-737-1706